inochi Gakusei
Innovators' Program

           

若者の力でヘルスケアの課題を解決する
Solving Healthcare Challenges by The Power of Youth

中高生によるヘルスケア課題解決策創出プログラム。

約半年にわたり、2~4人から成るチームが1つのヘルスケア課題解決に向けて取り組みます。

This program is the heltchcare Problem-Solving program.

This program has been hold for about six month with teams consisting of 2-4 Japanese Junior and Senior High School students for creating the whole new solution.

プログラムの流れ
Program Flow

  • 面接・チーム結成
    Selection Interview and Forming a team

    運営大学生による面接選考を通過した2~4人の中高生チームのみがプログラムに参加できます。

    各チームに専属の運営大学生が配属され、大学生・専門家との三人四脚でプログラムに取り組みます。

    2-4 Junior and Senior High School students per a team who passed the selection interview can join this program.

    Each team will have dedicated university students and tacle the problem with advices from specialists.

  • インプット
    Learn

    取り組むテーマについてやデザイン思考などのメソッドについての講義を受けます。

    中にはワークショップ形式で実践的に取り組むものもあります。

    Participants will take lectures of the issue we tackle and the way to create bliliant ideas called Design Thinking.

    During lectures, we will have workshops to conduct the program in more practical way.

  • インタビュー
    Research

    テーマに関して自ら現場でインタビューを行います。

    当事者の課題を肌感覚で理解し、取り組む課題を設定します。

    Participants will have interviews against stakeholders to understand the issues of people involved in and set the issue to work on.

  • プロトタイプ作成
    Prototype

    設定した課題を解決するために解決策を考案し、プロトタイプを作成します。

    専門家や企業を巻き込んで、本格的な試作品を作り解決策を検証します。

    Participants will make a prototype after creating the solution can solve the issue.

    In this step, specialists and companies will join and make the authentic prototype and have experiments.

  • プレゼンテーション
    Presentation

    各分野の第一線で活躍する方々から成る審査員の前で、創出した解決策についてプレゼンテーションします。

    大勢の観客の前で発表をするまたとない機会であり、解決策実装に向けてのチャンスを得る絶好の場でもあります。

    Every year, many participants take their first steps as entrepreneurs in the field of healthcare.

  • 社会実装へ
    Toward social implementation

    本プログラム修了後も、自分のプランの実現に向けて活動する志のある参加者には、個別にサポートを行います。

    ※年度・地域によって流れが一部変更となることがございます

    We will be provided Individual support to participants who wish to continue working toward the realization of their ideas after participating this program.

    * Please note that the schedule may be flexible to change depending on the year and region.

毎年多くの参加者たちが、
ヘルスケア領域におけるアントレプレナーとしての第一歩を踏み出しています。
Every year, many participants take their first steps as entrepreneurs in the field of healthcare.

顧問の先生方

  • coming soon...

    coming soon...

    coming soon...

過去の様子

/

2019年 COMMUNITY×TECHNOLOGY DAY KANTO

2019年 最先端施設見学 KANSAI(会場:大阪大学大学院医学系研究科 心臓血管外科学教室)

2019年 宇宙医療ハッカソン KANSAI/KANTO

2019年 KIECKOFF MEETING KANSAI(会場:大阪大学)

2019年 inochi Gakusei Mirai Forum (会場:堂島リバーフォーラム)

2019年 KIECKOFF MEETING KANSAI(会場:大阪大学)

2019年 DESIGN THINKING DAY KANSAI(会場:京都大学)

過去創出された解決策

これまでのプログラム参加者が考案したヘルスケア課題解決策を⼀部ご紹介します

  •  coming soon...

    coming soon...

    coming soon...

実績

過去参加国

7か国

これまでの修了⽣

611

創出したアイデア

142

過去参加校⼀覧

  • 大阪府立三国ヶ丘高等学校
  • 大阪府立天王寺高等学校
  • 大阪府立北野高等学校
  • 大谷高等学校
  • 開智高等学校
  • 開智中学校
  • 京都府立洛北高等学校
  • 近畿大学附属豊岡高等学校
  • 近畿大学附属和歌山高等学校
  • 甲陽学院高等学校
  • 甲陽学院中学校
  • 神戸女学院高等学部
  • 神戸女学院中学校
  • 光泉カトリック高等学校
  • 国立明石工業高等専門学校
  • 四天王寺高等学校
  • 清風南海学園高等学校
  • 高槻高等学校
  • 智辯学園和歌山高等学校
  • 智辯学園和歌山中学校
  • 鳥取西高等学校
  • 帝塚山高等学校
  • 同志社高等学校
  • 奈良学園登美ヶ丘高等学校
  • 奈良学園登美ヶ丘中学校
  • 奈良県立奈良高等学校
  • 灘高等学校
  • 西大和学園高等学校
  • 白陵高等学校
  • 兵庫県立長田高等学校
  • 兵庫県立兵庫高等学校
  • 明星高等学校
  • 洛南高等学校
  • 和歌山工業高等専門学校
  • 和歌山信愛高等学校

閉じる

  • 茨城県立土浦第一高等学校
  • 桜蔭高等学校
  • 共立女子高等学校
  • 錦城高等学校
  • 慶應義塾湘南藤沢高等部
  • 晃華学園高等学校
  • 駒場東邦高等学校
  • 三田国際高等学校
  • 聖学院高等学校
  • 聖心女子学院高等科
  • 玉川聖学院
  • 筑波大学附属駒場高等学校
  • 東京工業大学附属科学技術
  • 都立国際高等学校
  • 都立西高等学校
  • 都立日比谷高等学校
  • 都立武蔵高等学校
  • 広尾学園高等学校
  • 雙葉高等学校
  • ルークス高等学院
  • 八雲学園
  • 横浜サイエンスフロンティア高等学校

閉じる

KANAZAWA

もっと見る

  • 石川県立金沢桜丘高等学校
  • 石川県立金沢西高等学校
  • 石川県立金沢泉丘高等学校
  • 石川県立錦丘高等学校
  • 金沢大学人間社会学域学校教育学類附属高等学校
  • 小松大谷高等学校
  • 星稜高等学校

閉じる

修了生の声

  • 2019年度修了⽣ 橋爪 藍子

    2019年度修了⽣

    橋爪 藍子

    私は医療分野に興味があるからという軽い気持ちでこのプロジェクトへの参加を決めました。しかし解決策を考える中で、医療知識のない高校生でも誰かの命を救えるのではないかと気づき、参加当初からは想像もできないほど全力で課題に向き合うことができました。何よりも未来フォーラムで社会を変えたい!と本気で思っている中高生に出会えたことは何よりも印象に残っています。inochiを終えた今でも、プロジェクトの中で身につけたプレゼンテーションの技術や課題解決のプロセスは高校生活の中で大いに役立っています。メンターの方だけでなく企業の方や一般の方など多くの方々に支えていただきながら、普通の高校生ではできない経験がたくさんできる上、素晴らしい仲間を得ることができます。医療に興味がある中高生はもちろん、あまり興味がない人にとっても充実した経験となると思います!

  • 2016年度修了⽣ 田中 祐太朗

    2016年度修了⽣

    コロンビア大学理工学部

    田中 祐太朗

    僕は高校1年生の時に、i-GIP KANSAI 2016 に参加しました。昨年は初めて関東で開催されたi-GIPに、サブメンターとして携わらせていただき、2020年度はOverseas Directorとして少しお手伝いをさせていただいていました。
    高校1年生でinochiに参加した時には、日本の国内の医学部に進学して、ゆくゆくは臨床医になることを志していました。ただ、その想いはinochiに参加することで一転しました。
    多種多様な形で医療に携わり、第一線で活躍する先生方や、学生ながら既に医療の課題解決に挑む大学生メンターに憧れ、自分自身も臨床ではなく、工学やデータサイエンスの観点から医療イノベーションを起こせるようになりたいと強く思うようになりました。そこから、バイオエンジニアリングをはじめとした工学等の医学的応用の研究が盛んなアメリカの大学への進学を検討するようになり、幸いなことに進学することができました。
    全てはinochiに参加し、多くの人に出会い、刺激されたところから始まりました。

  • 2016年度修了生 西川 登偉

    2016年度修了生

    和歌山県立医科大学

    西川 登偉

    inochi Gakusei Innovators' Programは、本気でヘルスケア分野で世の中を変えようとしています。そのため、素晴らしい有識者や大学生のサポートのもと、デザイン思考、アイデアの実装方法からプレゼンの仕方まで、充実した教育プログラムが用意されていました。その結果、高校生の垣根を超えて企業交渉やヒアリングなどの活動をすることができ、大きく成長できました。
    大学入学後も運営に携わりましたが、学生団体とは思えない程、運営力はプロに見劣りしないものでした。運営側での経験は、その後の活動の糧となっています。現在、別のプロジェクトに参加して賞を頂いたり、AIの研究活動ができているのも、この団体のお陰と言っても過言ではありません。
    高い実行レベルが求められる難しいコンテストであると同時に、社会に一足踏み出す事を楽しく勉強できる場でもあります。是非、この絶好のチャンスを逃さないでください。

  • 2017年度修了生 琴浦 陽南

    2017年度修了生

    大阪市立大学医学部医学科

    琴浦 陽南

    知識0の状態から、プランを実現するのは簡単なことではありません。主導的にアクションを起こす必要があります。 しかし、頑張った分だけ自身の成長に繋がる上、社会に貢献することができます。また、他の参加者とは、学校の友達とするような他愛ない話だけでなく、それぞれの夢、作りたい未来について熱く語り合い切磋琢磨し、共に課題解決に取り組むかけがえのない仲間もできました。ヘルスケアの課題解決に真剣に向き合ったことで、私の世界は完全に変わりました。私が参加した年のテーマは自殺でした。困難にぶつかった時にはヒアリングやエビデンスから自分達で立てた課題に立ち返りながら、どうすれば自殺を減らせるか、どうすれば人が生きやすくなるか、答えのない問いに挑み続けました。そして、inochiに参加し、人の生死や命を専門的に学びたいという気持ちが強まったこと、またいつも的確な助言をし伴走してくれる医学部の大学生の姿を見て自分もこうなりたいと思ったことで、医学部進学を目指すようになりました。 「命」を救いたい、その思いで5ヶ月間駆け抜けた人にしか見えない世界が、あなたを待っています!